MJと辰雄

はぁ、また海外で、崩壊的通知がなされました。
僕、この手の文字を探るたびに、ハートがきゅっとなる。
こうして、滅多に何もポイントが塗り付けられずこのことばかりにくぎ付けになりみたいに・・・。

遠く離れた海外で起った状況、けど、それはひょっとしたら、僕たちにもふりかかったかもしれないメッセージ・・・。
この国は、基盤もキャリアも、思考も、国際的な名前も、また違うのですが。

でも、僕にとっては極めて身近なナショナリズムだったので驚愕でした。
そんな時、普段から見てたSNSwebでまたあのアーティストが話題になっていて。
私のように落ち着かない方々が、いち押しされてた曲があって、私もその曲を聞いているとどうにも、大層落ち着いた気持ちになったというか・・・。
また合戦が自然の威力が安らげる要所を奪って
眠れずに掛かるあなたにコピーなどただはかなく
沈んだ欲が崩れた切望がいつか過去に変わったら
僕は、果たして今までこういう曲が何のことを言ってるのかちっともわからない気がして、何がトピックソングです、と言いたいポリシーなったこともありました。
痛散湯

ボーカルのヒューマンの主張がとってもきれいで、それが心地よかったので、ストレート歌詞の要因までいまいち把握できていなかったのですが。

も、詳細に、只今なにかひっかかって掛かる心地がどっとあふれだしそうな歌詞がちりばめられていて、ふむふむなぁって今さらですが、感心したりしていらっしゃる。

残念ながら、日々お決まりのBGM祭はなくなってしまうが、でもこういう曲、今となっては、きつく窺えるようになりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ