35歳まで自分の素肌のことに無頓着でした

35歳ぐらいです。礎コスメを買いに行ったコスメカウンターでBAちゃんに頬のシミが気にならないか聞かれたことがきっかけです。それまでよっぽど気にしていなかったのですが、そのように言われて改めて自分の頬を見てみると確かにシミが際立つかもという気になり出しました。
35歳まで自分の素肌のことに無頓着でした。おメンテもいい加減でしたし、やはりシミプロテクトや美白などに対して徹頭徹尾考えたことが無く、日焼けおしまいや紫外線省略効果のあるコスメによることもないし、日々ファンデーションも塗らずスキンのまま出かけていました。日傘もいまひとつ使っていなかったので、今から考えますと必ずや無防備過ぎました。
では出来てしまったシミ対策として(これ以上濃くしないように)ありとあらゆる退化の異常をとどめる用の美容液を使っていらっしゃる。シミにだけ効くアイテムよりも全体的に退化を防いです方が良いような気がします。そうしてこれは基本的目的ですが、これ以上シミをつくらないために日傘によるのはもちろんですが、日傘をさしていてもできる限り特徴になっている界隈を歩いていらっしゃる。そうしてレモネードや野菜ジュース、キウィなどその日の気分によって変わりますが、夕食後にビタミンCを摂取していらっしゃる。
シミ対策案件を謳っている訳ではありませんが、ランコムの美容液(ジュニフィック アドバンスト)によるようになってから、シミが目立ちなくなりましたし、今回生じるアイテムもすごくなったり濃くなったりしていません。素肌全体が元気になる使用感が大変愛する。そうして表皮食品のゴールドCVトナーも愛用していらっしゃる。これは金箔入りで美白に効くように思います。これを使うと素肌がワン語調明るくなりますので、大変愛する。

キミエホワイトプラス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ